新たな時代の小型仏壇 供養 祈りのお箱 仏庫

新たな時代の小型仏壇 供養 祈りのお箱 仏庫

仏庫 特長

様々な場で開く・閉じることを想定したコンセプト。
小さな中にも伝統工芸の技と美を凝縮。

羽のように大きく横に開き、閉じてスリムに佇む「仏庫」。

これまでの仏壇の常識である、定められたご自宅の設置する場にマッチする型をお選びいただくという概念は、仏庫にはありません。仏庫のコンセプトは、いわばフリーアドレスの祈りの対象物です。

たとえば自宅のいくつかの部屋に持ち込み開く。
たとえばお寺にお預けいただき、参拝の際に開いてお祈りする。
たとえばリモート供養をしていただく際に、大きなスクリーンの前で開く。
たとえば永代供養施設に納めておき、お参りに伺った際に開く。
など、それぞれのご要望に応えられる形を考えました。

箱のエッジを繋ぎ、屏風のように開閉する構造を採用。(意匠権登録)この構造により、横に大きく開くだけでなく、折り畳み方法により、中心に寄せてコンパクトにお開きできるなど、いくつかの形になります。

そして閉じるときはできるだけコンパクトに、また、静かな存在感とともに佇む形になります。

閉じてA4サイズのファイルサイズになり、本棚にも収納できます。

閉じたときの高さや奥行きをA4のファイルサイズにしました。ご自宅の棚にお納めいただける他、お寺のお御堂や共同供養施設にお預けいただくようなことも可能となります。

三尊仏を飾ることも想定した
小さなお箱です。

仏教ではご本尊である如来さまが現世の人たちを救いたいと願い、その使命を受けて人々に救いの手を差し伸べるのが左右に鎮座される菩薩様であるとされています。

阿弥陀如来には観音菩薩と勢至菩薩、薬師如来には日光菩薩と月光菩薩など、いくつかの伝統的な組み合わせがあり、三尊という形がわれわれの心のよりどころとして手を合わせる象徴となりました。

それぞれの皆様が大切にされているお仏像や象徴を3種を安置することができます。

●写真の仏像や仏具は商品に含まれておりません。

手造りで、伝統工芸や家具の職人が、あなただけの仏庫に仕上げます。

たとえば

  • 故人が好きだった趣味をデザインし表現したい。
  • 代々伝わる家紋をあしらいたい。
  • 3Dプリンターを用いたペットの像を飾りたい。写真を飾りたい。

私達伝統工芸に携わるものとして、こうしたご要望にもお応えできるような体制を整えています。彫刻師が家紋や独自のシンボルマークなどのエンブレムでお作りする。蒔絵師が絵図を蒔絵や沈金で描くなど、日本の伝統美とともに表現いたします。金沢箔や輪島塗といった、日本を代表する工芸品に携わる職人が仏庫の制作に携わります。お客様から、世界で一つだけの仏庫に仕上げてほしい、という要望があればお応えします。

国指定 伝統的工芸品 
七尾仏壇の技を継承。

経済産業省の伝統的工芸品に認定されている七尾仏壇は、能登半島の七尾市で培われた産業であり、室町時代の1409年、畠山氏が守護職として入国した際に、工芸の進行が図られたことを起源とされています。江戸時代には、前田氏(加賀藩)の指示と保護のもと、職人の分業化(彫り、木地、金具、蒔絵、塗り・箔・組み立ての5つ)が確立し、一大産業として発展、今日まで受け継がれています。

また、材料には能登ヒバやカエデなどの地場の木材を利用。悪路や船舶での輸送に耐えられるよう、堅牢かつ豪華な造りが特徴です。

仏庫は、この伝統を継承し作られます。

国指定 伝統的工芸品 七尾仏壇の技の各種工程

このページのトップへ